ポケモンX・Yリプレイ風プレイ日記

01 エックスは 秘伝マシン「そらをとぶ」を 手に入れた!

 ←マジカルバナナ方式で小説の設定を即興で書いていく →00 登場人物の 紹介

ポケモンXYリプレイ風日記。スタートです。
リプレイ風というか、台本形式というか。↓みたいな感じに基本主人公たちが喋って進みます。

エックス「ヒヨクシティに着いたのは良いとして、何処に行こうかな。あ、こううんおこうください」

 ヒヨクシティの入り口付近の露天でお香がたくさん売ってたのでこううんおこうを購入。

???「ちょっと待て、説明もなしに始めないで欲しいでござる!」
エックス「ああ、ゲッコウガのスイサイ。説明要るかな?」
スイサイ「要るでござるよ! あ、このリプレイ風日記ではポケモンが喋るという原作には無い要素があるので注意でござる!」
エックス「本当はこういうの、タイトルに書くよね……?」

 てことで、当サイトのポケモンは喋ります。ご注意を。

エックス「アサメタウンに引っ越してきた僕は、お隣さん兼ライバルのセレナとメイに連れられてメイスイタウンに行って(中略。■■■さんに勝った僕は見事メガシンカを使えるようになりましたとさ」

スイサイ「……略しすぎでござる。……まあウルトラサンムーンが出るこのご時世に遊んでないという人は流石に居ないとは思うが……」
エックス「詳しいことは「ポケモンxy プレイ日記」で検索!」
スイサイ「そこは普通、「実際にプレイして、内容は君の目で見てね!」て言うところでござるよ」
エックス「え、僕そんなキャラじゃないし。てか、それ言ったらこのプレイ日記の存在意義無くなるし」


 とまあ、そんなこんなでヒヨクシティに来ました。ヒヨクに来たら、セレナちゃんにジムの前でバトルをしようと誘われました。
 モノレールに乗ってジムのあるエリアに行こうとすると乗り場にプラターヌ博士とカルネさんがいました。
 色々話してプラターヌ博士に「そらをとぶ」の秘伝マシンを貰いました。

スイサイ(その色々を書くのがリプレイ風プレイ日記だと拙者は思うのだが……)

エックス「ねえ、スイサイ。確かこの時、ミアレシティて停電しててここまで来るのに時間掛かるはずだよね」
スイサイ「そらをとぶ、でも使ったのだと拙者は思ったでござる」
エックス「助手に渡して貰えばよかったんじゃないの?」
スイサイ「助手がたまたま休暇でも取っていたのであろう……でござる」
エックス「無理してござる付けなくていいからね」

 とか疑問に思ったけれど、気にせず勧めましょう。
 
関連記事
スポンサーサイト



【マジカルバナナ方式で小説の設定を即興で書いていく】へ  【00 登場人物の 紹介】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【マジカルバナナ方式で小説の設定を即興で書いていく】へ
  • 【00 登場人物の 紹介】へ