空想の箱庭

はじめに


小説、ストーリーのあるゲームのプレイ日記を書くサイト。主要ジャンルはポケモンと忍たま等。bl、gl、nlおkです。BL作品には●、GL作品には○が付いてます。そのた→http://nitiyamafuyu.hatenadiary.jp/

ブログの説明とお世話になっているサイト様

未分類

このブログは日谷真冬が運営しているブログです。
主に書く予定の作品は
・黒バス
・ハイキュー
・siren
・東方
です。
あと、私の心が汚れてるというか、腐っているんで、もしかすると腐向けに見えなくもないです。

お題をお借りさせてもらっているサイト様
    サイト名:確かに恋だった
    管理人:ノラ
    確かに恋だった
    携帯版←スマホやゲーム機、携帯機で見ている方はこちらから
スポンサーサイト

▲PageTop

  • Tag List 
  •  * |

山猫怪異談 あらすじ

僕と影月凛音の怪異談【あらすじ・キャラクター紹介】

 明陽三尋は普通の中学生……の筈だった。だが、ある日を境に彼は《怪異》と言われるモノ達の事件に巻き込まれる!?
 謎の転校生《影月凛音》と明陽尋はコンビを組んでその怪異たちによる事件――怪異談を解決することに!
 これは、彼らがタッグを組むキッカケとなった明陽尋が巻き込まれ、そして初めて解決した《山の猫》の話。

 2017年 6月下旬までに公開予定!



嘘です。まだ一話も出来てません。むしろ別の方書いてます

▲PageTop

前書き

ボクと真弓さんと専門用語

 ボクはとある学校の文学部所属の普通の子供です。少なくともボクはそう思っています。
 この学校の文学部はとても緩いのです。まるでドロドロに溶けてしまったチョコレートのように。解りにくい例えでしょうか?
 まあ、とにかく緩いのです。その為、必ず部活動に入れというルールのあるこの学校では入りたいものがなければ文学部に入るのが暗黙のルールのようなものです。
 同じく緩いのは美術部もですが、美術部は文化祭に必ず一作品は出さなければいけません。反面、文学部は出さなくても良いのです。おすすめの本を展示するか、自作の文学作品を提出するかのどちらかを個人で選べるのです。
 でも、本気で文学に興味を持つボクにとっては彼らの様な存在は名簿上の存在だけであろうと鬱陶しいものです。文学部に入ってると言うだけで偏見の目を向ける運動バカがいるのももしかすると彼らのような存在のせいかもしれないからです。
 とまあ、堅苦しい前書きは置いといて。
 この文学作品はボクが文学部で体験したことを、小説に書き下ろした作品です。
 宜しければ、読んでくださるとボクは……嬉しいです。
 そうそう、著者はあえて匿名にしていますが、これは書いたボクは果たして誰なのかという事を最後まで分からないようにするためです。
 だって、そっちの方が謎解きみたいでミステリーみたいで、面白いでしょう?
 
 著者『とある文学好きな学生』

▲PageTop

00 登場人物の 紹介

ポケモンX・Yリプレイ風プレイ日記

我が家の主人公:エックス
てんねんな せいかく。逃げ足が 早い。
可愛いポケモンが好き。少し抜けたところがある。
少し 面倒くさがり屋さん。

ゲッコウガのスイサイ:♀
まじめな せいかく。イタズラが 好き。
メイスイタウンで レベル5のときにであった。
語尾にござるをよく付ける。基本ツッコミ。

ファイアローのフルート:♂
なまいきな せいかく。ちょっぴりみえっぱり。
ハクダンの森で レベル4の時に出会った。
エックスには割と従うが、いじっぱりなニンフィアのピアノとは仲が悪い。

ニャオニクスのテッキン:♀
さみしがりな せいかく。抜け目がない。
6番道路で レベル12の時に出会った。
流行りのものが好き。

ニンフィアのピアノ:♂
いじっぱりな せいかく。イタズラが 好き。
10番道路で レベル19の時に出会った。
エックスによくイタズラを仕掛ける。フルートとは仲が悪い。

モンメンのタンポポ:♀
のうてんきな せいかく。ちょっぴり みえっぱり。
育て屋夫婦から貰ったタマゴが7番道路で孵って出会った。
パーティ内では一番幼く、一番弱い。ルカリオのステラとよく話している。

ルカリオのステラ:♂
せっかちな せいかく。物音に 敏感。
マスタータワーで レベル32の時に出会った。
せっかちなので少しのんびりしてるタンポポに少しイラついている。が、気づくとタンポポと何時も一緒にいる。

▲PageTop

01 エックスは 秘伝マシン「そらをとぶ」を 手に入れた!

ポケモンX・Yリプレイ風プレイ日記


ポケモンXYリプレイ風日記。スタートです。
リプレイ風というか、台本形式というか。↓みたいな感じに基本主人公たちが喋って進みます。

エックス「ヒヨクシティに着いたのは良いとして、何処に行こうかな。あ、こううんおこうください」

 ヒヨクシティの入り口付近の露天でお香がたくさん売ってたのでこううんおこうを購入。

???「ちょっと待て、説明もなしに始めないで欲しいでござる!」
エックス「ああ、ゲッコウガのスイサイ。説明要るかな?」
スイサイ「要るでござるよ! あ、このリプレイ風日記ではポケモンが喋るという原作には無い要素があるので注意でござる!」
エックス「本当はこういうの、タイトルに書くよね……?」

 てことで、当サイトのポケモンは喋ります。ご注意を。

エックス「アサメタウンに引っ越してきた僕は、お隣さん兼ライバルのセレナとメイに連れられてメイスイタウンに行って(中略。■■■さんに勝った僕は見事メガシンカを使えるようになりましたとさ」

スイサイ「……略しすぎでござる。……まあウルトラサンムーンが出るこのご時世に遊んでないという人は流石に居ないとは思うが……」
エックス「詳しいことは「ポケモンxy プレイ日記」で検索!」
スイサイ「そこは普通、「実際にプレイして、内容は君の目で見てね!」て言うところでござるよ」
エックス「え、僕そんなキャラじゃないし。てか、それ言ったらこのプレイ日記の存在意義無くなるし」


 とまあ、そんなこんなでヒヨクシティに来ました。ヒヨクに来たら、セレナちゃんにジムの前でバトルをしようと誘われました。
 モノレールに乗ってジムのあるエリアに行こうとすると乗り場にプラターヌ博士とカルネさんがいました。
 色々話してプラターヌ博士に「そらをとぶ」の秘伝マシンを貰いました。

スイサイ(その色々を書くのがリプレイ風プレイ日記だと拙者は思うのだが……)

エックス「ねえ、スイサイ。確かこの時、ミアレシティて停電しててここまで来るのに時間掛かるはずだよね」
スイサイ「そらをとぶ、でも使ったのだと拙者は思ったでござる」
エックス「助手に渡して貰えばよかったんじゃないの?」
スイサイ「助手がたまたま休暇でも取っていたのであろう……でござる」
エックス「無理してござる付けなくていいからね」

 とか疑問に思ったけれど、気にせず勧めましょう。
 

▲PageTop

  • Tag List 
  •  * |

マジカルバナナ方式で小説の設定を即興で書いていく

未分類

マジカルノベル、ノベルと言ったらていう余計なことは置いといて適当に何か書いていこう。
時代……なんちゃって戦国か現代
ジャンル……ギャグ
主人公……平凡な男
ヒロイン……忍者とか神様とか
話の流れ
主人公がヒロインと出会う
ヒロインのせいで何かトラブル発生
協力してトラブル解決
終わり

なんだこれ、設定ですらない
こんなの書いてる暇あるなら忍玉の小説書けば良かった。
まあこの設定考えたの五分しか掛けてな……結構掛けてんじゃねえか!

▲PageTop

はじめに

未分類

当サイトにお越しいただき、ありがとうございます。
当サイトは、版権作品の二次創作サイトとなっています。
また、それらの二次創作作品にはBL作品も多数含まれています。
その為、BLが嫌いという方やそういったものを知らない方はブラウザバックすることを推奨します。
BL作品の頭文字には★、GL作品の頭文字には○を付けています。
BLやGLを苦手でも当サイトの作品を読んでみたいと思ってくださった方は先頭に★と○のついていない作品を読んでくださると幸いです。

▲PageTop